日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

第158回定期 リハーサル日記

今回はフランスの超名曲'揃い踏みといったプログラムです。

指揮はちょうど二年ぶりの登場となるブリバエフさん。
前回はロシアもので大変好評を博しましたし、リハーサルもとても面白かったので、今回も楽しみにしていました。

2日目の練習を終えて、いろんな面で更にグレードアップしている!という印象です。的確で分かり易い指示の出し方は今回も変わりませんが、フランスものの深く豊富なイメージの捉え方や緻密な骨格の上での柔軟な音楽作り、音の密度や音色の空気感など、実に多彩で高い理想が見えます。私などは、洗練されたニュアンスの要求をされると、なんだか贅沢な気分になってしまうのですが、それは普段いかに神経使わず杓子定規にしか弾いてないかってコトですよね…反省042.gif

またブリバエフさん、上手くいった時には「めっちゃスバラシイ!」「めっちゃスゴイ!」と日本語で仰います。どこで覚えて来たのでしょうか・・きゅうけい(休憩)」も、めっちゃ素晴らしい発音でした!038.gif


さて今日は協奏曲の合わせもありました。ピアノのエル=バシャさんとは初共演となります。失礼ながら私は全く存じ上げなかったのですが、いやぁ吃驚しました…凄いです!タッチがクリアーで美しく、サン=サーンス独特の洒脱な軽やかさが際立っています。白眉です。是非ともお聴き逃しの無きよう…!


H.T
[PR]
# by century_osaka | 2011-02-09 21:36 | リハーサル日記

第158回定期演奏会ご案内


若き俊英=アラン・ブリバエフさんの2度目の定期公演初登場です。

2009年2月6日の「第138回定期」ではオハコの「オール・ロシア・プログラム」でその才能を十全に発揮、絶賛を博し、再度の来演が待望されていました。今回の曲目はうって変わって「オール・フランス・プログラム」となりました。

ドビュッシーが「印象派の代表作」と呼ばれるまでに名声を高めた交響詩「海」は「3つの交響的スケッチ」とも呼ばれ、彼が「音楽家になっていなかったら水夫になっていた」というほど幼少期から親しみ、戯れてきた海への憧れを描いたものです。

 この作品のスコアの表紙には葛飾北斎の浮世絵「富嶽(ふがく)三十六景・神奈川沖の裏」が使用されているのも誠に興味深いことです。

 「牧神の午後への前奏曲」では、牧神の象徴「パンの笛」を前回ブログ記事でご紹介しましたニューフェース永江真由子さんが演奏します。ブリバエフさんの「音の色彩感覚」とあわせてお楽しみください。

More
[PR]
# by century_osaka | 2011-02-02 21:49

永江真由子さんインタビュー

10月に入団されたフルートの永江真由子さんにインタビューしました。

Q.ご出身は?f0003980_049145.jpgf0003980_0491183.jpg
A.愛知県です。大学から東京に住んでいたので、大阪は三都市目になります。

Q.これまで大阪にご縁はありましたか?
A.演奏をしに何度か来た事があるのでホールはいくつか知っていますが、ほぼ初めてです。でも、愛知に住んでいる時には大阪のテレビを観ていたので(新喜劇!)、地元に近づいた感じです。

Q.音楽を始めたきっかけは?
A.母が子供にピアノを習わせたくて、4歳の時に習い始めたのがきっかけです。レッスンは嫌いでしたが弾くのは好きで、小学校では合唱の伴奏を弾いたりしていました。今でもレッスンで生徒の伴奏を弾いたりします。

Q.フルートを始めたきっかけは?
A.中学の吹奏楽部に入部し、そこで出会ったフルートの音色と楽器の美しさに一目惚れして。フルート希望者は多くて結構な倍率でしたが、楽器を渡されたその場で音が出たので即決まりでした。その後、顧問の先生に個人レッスンを受けることを勧められ、レッスンに通う度にフルートをどんどん好きになりました。音楽を続けたい!という思いも強くなり、音楽高校・音大と進み今に至ります。

Q.余暇の過ごし方は?
A.街を散策するのが好きでよく出かけています。有名な観光地とかではなくて、並木道や公園を探しにお散歩するのが好きです。

Q.ブログ読者の皆さんに一言お願いします。
A.フルートの魅力を伝えられる奏者になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。

インタビュアー S.M
[PR]
# by century_osaka | 2011-01-29 09:45 | インタビュー

京都特別演奏会 終了!

昨日のコンサートホールのある京都北山は、朝から雪化粧になっていました。
お足元の悪い中、ホールいっぱいのお客様においでいただき、ありがとうございます。
今年最初の自主公演にあたり、楽員一同みなさまの厚いご支援を身に沁みて感じながら、良い演奏ができたのではないかと思っております。

さて、おかげさまで今回の演奏会は昨年のうちからチケット売り切れてしまい、残念ながら会場においでになれないお客様が多くいらっしゃったことをここでお詫び申し上げます。
f0003980_13375533.jpg


そのお客様のためにすこしでも当日の様子をお伝えできたら、とうちの広報担当敏腕カメラマンが画像を提供してくれましたので、どうぞご覧ください。
まずは、ゲネプロ風景から。
f0003980_13394564.jpg

f0003980_13385811.jpg

すばらしい演奏を披露してくださった、小山実稚恵さん。
f0003980_13422331.jpg

f0003980_1012330.jpg

f0003980_13475243.jpg

マエストロもいつも以上に白熱した演奏で。
f0003980_13484257.jpg

f0003980_13491516.jpg

雪深い北山からお帰りになるお客様をお見送りして。
f0003980_1350056.jpg


帰りの地下鉄の中、3人連れのお客様から「悲愴を久しぶりに聴いたけれども、あんな良い曲だったのかと思い直すくらい素晴らしい演奏でした。」とお声を掛けていただきました。私も今年はセンチュリーにとって大きく飛躍できる節目の年になる気がした一日でした。M.S


また明日は、毎月恒例のアーバンイブニングコンサートがあります。こちらのほうへも是非足をお運びくださいますように、お願い申し上げます。

今回は少し趣向を変えて、ふだんセンチュリー交響楽団の演奏会では用いることのない、いわゆる「古楽器」の二重奏(バロック・ヴァイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバ)で、バロック音楽を中心にお聴きいただきます。
f0003980_11355889.jpg


More
[PR]
# by century_osaka | 2011-01-17 13:52 | コンサートレポート

京都特別演奏会 2011



 本年も何卒センチュリー交響楽団にご声援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます! 

 年の初めの演奏会は、この京都公演からのスタートです。

 作曲者自身が甥のダヴィドフに宛てて手紙に書いた次の文章が、この曲の全てを物語っていると思われます。
「…今度の交響曲には標題があるが、それは誰にも謎であるべきもので、想像出来る人には勝手に想像させよう。この標題は全く主観的なものだ。私は旅行中にこれを作曲して幾度と無く泣いた…」


 昨年9月の「第154回定期演奏会」では、ロシアの名指揮者ドミトリエフさんの指揮で、計らずも文字通りの「悲愴」をお届けする結果になりました。

 今回は音楽監督=小泉氏のタクトの下、益々精力的な力感溢れるチャイコフスキーが、京都コンサートホールを一杯に満たすことと思います。

 またラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」は古今のピアノ協奏曲中、名曲の中の名曲であり、曲名を知らずとも耳にすればきっと誰もがどこかで聴いたことがある、有名な曲です。

More
[PR]
# by century_osaka | 2011-01-10 18:11 | 演奏会情報

増永雄記氏インタビュー

ヴィオラ次席奏者のニューフェイス、増永雄記氏にインタビューしました。

Q.ヴィオラとの出会いはいつですか?ヴィオラを選んだきっかけはありますか?
A.ヴァイオリンは5歳からやっていて、高校生の時、子供の頃からの先生に室内楽で
ヴィオラをさわらせてもらいました。

Q.その時の印象は?
A.低い音の出る良い楽器だなと。楽譜を読むのが大変でした。

Q.その後、はっきりとヴィオラを選んだのはいつですか?
A.大学に入ってからはヴィオラは副科で取っていました。室内楽はほとんどいつもヴィオラでした。卒業してからはヴァイオリンと両方弾いていて、ヴィオラに転向したのは5年前くらいです。ヴィオラが好きになったし、ヴィオラらしい良い音を出したいと思ったので一本に絞りました。

Q.好きな作曲家はいますか?
A.ブラームスとバッハです。バッハのマタイ受難曲が大好き。
大学の時はブラームスのシンフォニー全曲をずっときいていて、スコアを見ながらヴィオラの音を追っていました。なんせ片道2時間かけて通学していたので。

Q.子供の頃から音楽家になりたいとか思っていた?
A.子供の頃は親や先生に怒られるからヴァイオリンをやっていました。(笑)小4くらいから通っていた音楽教室でやっていたオーケストラは好きで、オーケストラをやるためにヴァイオリンを弾いていたとこもありました。高校3年の時に第九のCDを買って、それをきいてからたくさんCDを買いまくりました。それまではオーケストラは好きだったけど、クラシック自体にはあまり興味がなかった。

Q.オーケストラのお仕事の中で好きなことはありますか?
A.楽器を弾くこと自体が好きなので、全部楽しいです。

Q.休みの日はなにしてるんですか?趣味とかありますか?
A.最近は高校時代の友人と海釣りに行きます。自転車で走ったりとか。あとは家でぼーっとしてます。

Q.これからの抱負は?
A.すべての演奏会に全力を尽くしますので、よろしくお願いします。
f0003980_2313697.jpg


天然なところもあり、たびたび笑わせてくれる彼ですが、ヴィオラや楽器を弾くことに情熱を持って演奏しているのですね。これからの活躍にご期待ください!

インタビュアーY.M 
[PR]
# by century_osaka | 2011-01-04 16:07 | インタビュー

あらたまの 年のはじめの

f0003980_2251521.jpg

あけましておめでとうございます


2011.1.1



 昨年は、たくさんの皆様に演奏会へお越しいただき、本当にありがとうございました。

 ここのところ数年で、わたしたちのオーケストラをめぐる環境も随分かたちを変えようとしていますが、そんな時期だからこそ、一層皆様に楽しんでいただけるよう、楽員一同努力を続けてまいります。

 本年もセンチュリー交響楽団を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 1月はザ・シンフォニーホールでの定期演奏会はありません。最初の自主公演は16日の京都特別演奏会です。内容については、このブログでも追ってご案内致します。

 年末年始、急な寒波が到来しております。皆様おからだご自愛下さいますよう…。
[PR]
# by century_osaka | 2011-01-01 00:00 | ごあいさつ

稲垣路子さんインタビュー

9月に入団されたトランペットの稲垣路子さんにインタビューしました。

Q 楽器を始めたのはいつ?
A 小学4年生の時、ブラスバンド部で始めました。フルートがやりたかったのですが、音がでなくて、音が出たトランペットになりました。第二希望だったので嬉しかったです。

Q 音楽は小さい時から?
A 幼稚園の年中さんからエレクトーンを習っていました。
幼稚園の運動会のマーチングみたいなので、ティンプトンという二つの太鼓をやったりもしました。
小学校の音楽の授業で、ホルストの木星を聴いて、オーケストラに憧れました。エレクトーンの先生がきかせてくれた、アンダーソンのフィドルファドルも大好きでした。

Q 今までで一番印象に残っている本番は?
A 大学4年生の時に定期演奏会でやったマーラーの巨人です。1番トランペット担当で、ソロも多く大変でしたが、とてもやり甲斐がありました。2番トランペットは私より背が30cm以上高い後輩で、私は10cmくらいの台を用意してもらって演奏したのを覚えています。

Q 出身は?
A 名古屋です。

Q 関西はどうですか?
A 話せませんが、関西弁楽しいです!関西の人は面白いことをいつも考えているようにみえます。
逆に聞きたいのですが、私の音ってミャーミャー言ってますか?(笑)名古屋というと必ず、ミャーミャーと言われます。

稲垣さんのトランペットがミャーミャーって聞こえたことはないですよ!逆にそんな音聞いてみたいですけどね!(^^;) いつも と~っても頼りにしてます。
Q ミャーミャーといえば、“ねこ”のグッズ色々持っているよね?あと“はりねずみ”のグッズも!
A そうなんです!はりねずみ、とげとげなのに真ん丸なかわいい目…大好きです。ねこも好きだし、それからハムスターも好きです。
はりねずみやねこグッズなど集めてますが、やっぱりねこのが多いかな…(*^-^*)

Q 最後に一言!
A オーラはないけれど、存在感のある奏者になれるようがんばります!
f0003980_1327455.jpg

いつもはオーケストラを引っ張っていくかっこいいトランペットを演奏されますが、とってもキュートな稲垣路子さんでした。(インタビュアー:T.Y)
[PR]
# by century_osaka | 2010-12-26 00:06 | インタビュー

クリスマスコンサートのお知らせ

☆12月25日 クリスマスコンサートを2つご紹介します☆


河辺いきものの森 2010
森のクリスマスコンサート
f0003980_4555511.jpg
【日時】12月25日(土) 18時~

【場所】「河辺いきものの森」ネイチャーセンター 滋賀県東近江市

【出演】永江真由子(fl) 大中和代(vn) 清水豊美(vla) 望月稔子(vc)

【曲目】モーツァルト作曲 フルート四重奏曲K285・クリスマスソングなど

暖かい薪ストーブと暮れる森を背景に、クリスマスのひとときをお過ごしになりませんか♪

詳しくは、遊林会HPまで


ホール《銀の鈴》主催
クリスマスコンサート 2010
f0003980_99196.jpg12月25日(土)15時~(14時半開場)
第2部
蔵川瑠美(ヴァイオリン)  次郎丸 智希(ピアノ)

 ガーシュイン 「ポーギーとベス」よりサマータイム
 クライスラー 美しきロスマリン
 マスネ    タイスの瞑想曲

クリスマスに響くヴァイオリン(第2部)と歌(第1・3部)をお楽しみください。 

  
【入場料】
2,000円

【場所】
ホール《銀の鈴》宮崎クリニック2F
〒562-0011 箕面市白鳥1-1-18

【アクセス】
千里中央駅より 阪急バス⑪乗り場
箕面マーケットパークヴィソラ行きシャトルバス→「かやの中央」下車 
北へ徒歩4分

阪急箕面駅より 阪急バス②乗り場
 千里中央行き→「白鳥(はくのしま)」下車
 東へ徒歩2分

【お申し込み・お問い合わせ】
宮崎耳鼻医院 白鳥[はくのしま]
 (072)723-7580 
[PR]
# by century_osaka | 2010-12-18 18:33 | 楽員のコンサート情報

テレビ放映のお知らせ

あなたの街で 夢コンサート 〜滋賀県東近江市〜
・2010年12月17日(金) [NHK-BS2]21:00〜21:49
・2010年12月20日(月)[NHKワールドプレミアム]20:00〜20:49

More
[PR]
# by century_osaka | 2010-12-13 14:07 | 演奏会情報