日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

永江真由子さんインタビュー

10月に入団されたフルートの永江真由子さんにインタビューしました。

Q.ご出身は?f0003980_049145.jpgf0003980_0491183.jpg
A.愛知県です。大学から東京に住んでいたので、大阪は三都市目になります。

Q.これまで大阪にご縁はありましたか?
A.演奏をしに何度か来た事があるのでホールはいくつか知っていますが、ほぼ初めてです。でも、愛知に住んでいる時には大阪のテレビを観ていたので(新喜劇!)、地元に近づいた感じです。

Q.音楽を始めたきっかけは?
A.母が子供にピアノを習わせたくて、4歳の時に習い始めたのがきっかけです。レッスンは嫌いでしたが弾くのは好きで、小学校では合唱の伴奏を弾いたりしていました。今でもレッスンで生徒の伴奏を弾いたりします。

Q.フルートを始めたきっかけは?
A.中学の吹奏楽部に入部し、そこで出会ったフルートの音色と楽器の美しさに一目惚れして。フルート希望者は多くて結構な倍率でしたが、楽器を渡されたその場で音が出たので即決まりでした。その後、顧問の先生に個人レッスンを受けることを勧められ、レッスンに通う度にフルートをどんどん好きになりました。音楽を続けたい!という思いも強くなり、音楽高校・音大と進み今に至ります。

Q.余暇の過ごし方は?
A.街を散策するのが好きでよく出かけています。有名な観光地とかではなくて、並木道や公園を探しにお散歩するのが好きです。

Q.ブログ読者の皆さんに一言お願いします。
A.フルートの魅力を伝えられる奏者になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。

インタビュアー S.M
[PR]
by century_osaka | 2011-01-29 09:45 | インタビュー

京都特別演奏会 終了!

昨日のコンサートホールのある京都北山は、朝から雪化粧になっていました。
お足元の悪い中、ホールいっぱいのお客様においでいただき、ありがとうございます。
今年最初の自主公演にあたり、楽員一同みなさまの厚いご支援を身に沁みて感じながら、良い演奏ができたのではないかと思っております。

さて、おかげさまで今回の演奏会は昨年のうちからチケット売り切れてしまい、残念ながら会場においでになれないお客様が多くいらっしゃったことをここでお詫び申し上げます。
f0003980_13375533.jpg


そのお客様のためにすこしでも当日の様子をお伝えできたら、とうちの広報担当敏腕カメラマンが画像を提供してくれましたので、どうぞご覧ください。
まずは、ゲネプロ風景から。
f0003980_13394564.jpg

f0003980_13385811.jpg

すばらしい演奏を披露してくださった、小山実稚恵さん。
f0003980_13422331.jpg

f0003980_1012330.jpg

f0003980_13475243.jpg

マエストロもいつも以上に白熱した演奏で。
f0003980_13484257.jpg

f0003980_13491516.jpg

雪深い北山からお帰りになるお客様をお見送りして。
f0003980_1350056.jpg


帰りの地下鉄の中、3人連れのお客様から「悲愴を久しぶりに聴いたけれども、あんな良い曲だったのかと思い直すくらい素晴らしい演奏でした。」とお声を掛けていただきました。私も今年はセンチュリーにとって大きく飛躍できる節目の年になる気がした一日でした。M.S


また明日は、毎月恒例のアーバンイブニングコンサートがあります。こちらのほうへも是非足をお運びくださいますように、お願い申し上げます。

今回は少し趣向を変えて、ふだんセンチュリー交響楽団の演奏会では用いることのない、いわゆる「古楽器」の二重奏(バロック・ヴァイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバ)で、バロック音楽を中心にお聴きいただきます。
f0003980_11355889.jpg


More
[PR]
by century_osaka | 2011-01-17 13:52 | コンサートレポート

京都特別演奏会 2011



 本年も何卒センチュリー交響楽団にご声援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます! 

 年の初めの演奏会は、この京都公演からのスタートです。

 作曲者自身が甥のダヴィドフに宛てて手紙に書いた次の文章が、この曲の全てを物語っていると思われます。
「…今度の交響曲には標題があるが、それは誰にも謎であるべきもので、想像出来る人には勝手に想像させよう。この標題は全く主観的なものだ。私は旅行中にこれを作曲して幾度と無く泣いた…」


 昨年9月の「第154回定期演奏会」では、ロシアの名指揮者ドミトリエフさんの指揮で、計らずも文字通りの「悲愴」をお届けする結果になりました。

 今回は音楽監督=小泉氏のタクトの下、益々精力的な力感溢れるチャイコフスキーが、京都コンサートホールを一杯に満たすことと思います。

 またラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」は古今のピアノ協奏曲中、名曲の中の名曲であり、曲名を知らずとも耳にすればきっと誰もがどこかで聴いたことがある、有名な曲です。

More
[PR]
by century_osaka | 2011-01-10 18:11 | 演奏会情報

増永雄記氏インタビュー

ヴィオラ次席奏者のニューフェイス、増永雄記氏にインタビューしました。

Q.ヴィオラとの出会いはいつですか?ヴィオラを選んだきっかけはありますか?
A.ヴァイオリンは5歳からやっていて、高校生の時、子供の頃からの先生に室内楽で
ヴィオラをさわらせてもらいました。

Q.その時の印象は?
A.低い音の出る良い楽器だなと。楽譜を読むのが大変でした。

Q.その後、はっきりとヴィオラを選んだのはいつですか?
A.大学に入ってからはヴィオラは副科で取っていました。室内楽はほとんどいつもヴィオラでした。卒業してからはヴァイオリンと両方弾いていて、ヴィオラに転向したのは5年前くらいです。ヴィオラが好きになったし、ヴィオラらしい良い音を出したいと思ったので一本に絞りました。

Q.好きな作曲家はいますか?
A.ブラームスとバッハです。バッハのマタイ受難曲が大好き。
大学の時はブラームスのシンフォニー全曲をずっときいていて、スコアを見ながらヴィオラの音を追っていました。なんせ片道2時間かけて通学していたので。

Q.子供の頃から音楽家になりたいとか思っていた?
A.子供の頃は親や先生に怒られるからヴァイオリンをやっていました。(笑)小4くらいから通っていた音楽教室でやっていたオーケストラは好きで、オーケストラをやるためにヴァイオリンを弾いていたとこもありました。高校3年の時に第九のCDを買って、それをきいてからたくさんCDを買いまくりました。それまではオーケストラは好きだったけど、クラシック自体にはあまり興味がなかった。

Q.オーケストラのお仕事の中で好きなことはありますか?
A.楽器を弾くこと自体が好きなので、全部楽しいです。

Q.休みの日はなにしてるんですか?趣味とかありますか?
A.最近は高校時代の友人と海釣りに行きます。自転車で走ったりとか。あとは家でぼーっとしてます。

Q.これからの抱負は?
A.すべての演奏会に全力を尽くしますので、よろしくお願いします。
f0003980_2313697.jpg


天然なところもあり、たびたび笑わせてくれる彼ですが、ヴィオラや楽器を弾くことに情熱を持って演奏しているのですね。これからの活躍にご期待ください!

インタビュアーY.M 
[PR]
by century_osaka | 2011-01-04 16:07 | インタビュー

あらたまの 年のはじめの

f0003980_2251521.jpg

あけましておめでとうございます


2011.1.1



 昨年は、たくさんの皆様に演奏会へお越しいただき、本当にありがとうございました。

 ここのところ数年で、わたしたちのオーケストラをめぐる環境も随分かたちを変えようとしていますが、そんな時期だからこそ、一層皆様に楽しんでいただけるよう、楽員一同努力を続けてまいります。

 本年もセンチュリー交響楽団を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 1月はザ・シンフォニーホールでの定期演奏会はありません。最初の自主公演は16日の京都特別演奏会です。内容については、このブログでも追ってご案内致します。

 年末年始、急な寒波が到来しております。皆様おからだご自愛下さいますよう…。
[PR]
by century_osaka | 2011-01-01 00:00 | ごあいさつ