日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

服部緑地野外音楽堂 星空ファミリーコンサート



今年もユースオーケストラの演奏があります。ユースメンバーの皆は、例年通りてるてるぼうず作りにいそしんでます。

また、この演奏会にあわせて、センチュリーオリジナルファイルも新発売!!
3枚セットで定価600円のところを、明日は星空特別価格 500円です。
お見逃しなく!!
f0003980_17524944.jpg


More
[PR]
by century_osaka | 2010-08-27 17:51 | 演奏会情報

ランチタイムコンサート

ランチタイムの無料コンサートです!
メキシコ・キューバ・アルゼンチン・ドイツ・沖縄・などの世界中の音楽を、マリンバやパーカッションで演奏します。
“打楽器トレイン” に乗って、私たちと一緒に音楽の旅に出かけませんか?

f0003980_11513161.jpg

【日時】
平成 22年 8月 31日(火) 12:00~12:50

【場所】
大阪弁護士会館 1階ロビー
(大阪市北区西天満1-12-5)
★詳しくはこちら

【入場料】
無料

【出演者】
廣川祐史、安永友昭、石倉明日香、安永早絵子

【曲目】
「汽車は走るよ」 作曲:中田喜直
「めきめきメキシコ」 メキシコ民謡
「さとうきび畑」 作曲:寺島尚彦
「コンガフォ~」 作曲:池田安友子
「コーヒールンバ」 作曲:ホセ・マンソ・ペローニ
「G線上のアリア」 作曲:ヨハン・セバスティアン・バッハ
「リベルタンゴ」 作曲:アストル・ピアソラ

お問い合わせ:大阪弁護士会 秘書課
TEL:06-6364-0254
[PR]
by century_osaka | 2010-08-23 12:21 | 楽員のコンサート情報

レクチャーコンサート by コントラバス

先だっての朝日新聞に案内が既に出ていましたが、朝日新聞大阪本社ビル内の「朝日カルチャーセンター」の新シリーズ「レクチャーコンサートシリーズ」で来る9月10日
「コントラバス ~秘められた独奏の魅力~」と題して私の講演と独奏を聴いて頂く講座を担当します。 第二回も年末12月25日に決定しているシリーズです。
                出演: コントラバス&お話&語り: 奥田一夫


f0003980_9254424.jpg



内容は話がメインで、私の35年に渡るオーケストラ生活の面白い楽屋裏話、大きな楽器コントラバスにまつわるエピソード、苦労話、最低音楽器から見たオーケストラの面白話、指揮者のエピソード等を私のコントラバス独奏を織り交ぜ,オーケストラ曲のCDで色々な曲のさわりを聴いて頂くなど興味深く聞いて頂けることと思います。

朝日カルチャーセンターの紹介ページ:こちらです。

会員になってご購入頂くと割安でお求めになれます。
[PR]
by century_osaka | 2010-08-15 09:29 | 楽員のコンサート情報

びわ湖公演、終了!

初めてのびわ湖公演、遠方ながら大阪から駆けつけてくださったお客様も多く、楽員一同感激しておりました。

終演後のロビーのようすです。
f0003980_0445484.jpg



今回は、びわ湖ホールのご好意により、前日リハーサルもホールで行うことが出来ました。
f0003980_0451849.jpg

[PR]
by century_osaka | 2010-08-10 00:43 | コンサートレポート

びわ湖ホール定期公演 vol.1 ご案内

この度大阪センチュリー交響楽団は「びわ湖ホール定期」をスタート致します。第1回は沼尻竜典さん指揮、来年2月の第2回は小泉和裕さん指揮です。

以前より、私たちはしばしばびわ湖ホールのピットに入り、びわ湖ホール・オペラではR.シュトラウスの「薔薇の騎士」「サロメ」、ベルクの「ルル」などの超難曲を、びわ湖ホール芸術監督で私たちの首席客演指揮者でもある沼尻竜典さんの指揮で演奏してきましたし、また別の機会として「青少年のためのオペラ劇場」では、びわ湖ホール声楽アンサンブルの皆様と、モーツァルトの「魔笛」やフンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」などの親しみやすい演目でもご一緒させていただいてきました。

今回からの「びわ湖定期」では、大ホールのステージ上から、皆様にオーケストラの名曲の数々をお届けすることで「更なる飛躍」を遂げることができれば…と、楽員一同張り切っております。

さて、今回のプログラムですが、芥川也寸志「弦楽のための三楽章・トリプティーク」は昨年5月の第141回定期では小泉音楽監督の指揮で演奏しましたが、作曲者のロシア作品への傾倒が如実に表れている、いわば「若書きの傑作」です。芥川氏がこの作品を書く契機となったのは、1951-54年にNHK交響楽団の常任指揮者だったオーストリア出身のクルト・ヴェス氏からの依頼でした。

申すまでもなく、今回指揮される沼尻さんは、オペラに限らずオーケストラ作品に限らず、近・現代作品の優れた解釈・指揮に高い評価を受けられています。今回の「トリプティーク」でも、きっと素晴らしく冴えたタクトを振られることでしょう。

そして…
[PR]
by century_osaka | 2010-08-04 00:02 | 演奏会情報