日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

持丸秀一郎 クラリネット室内楽演奏会

持丸秀一郎 クラリネット室内楽演奏会
~弦楽器と共に モーツァルト・魅惑のマチネ~

【日時】
 11月7日(土) 14:00開演(13:30開場)

【会場】
 アルカイックホール・ミニ

【曲目】
 モーツァルト
   クラリネット四重奏曲 K.496
 コーカイ
   クラリネットと弦楽トリオの為の小四重奏曲(1949)
 モーツァルト
   クラリネット五重奏曲 k.581

【共演】
 ヴァイオリン
   尾崎 平 (京都市交響楽団アシスタントコンサートマスター)
 ヴァイオリン
   蔵川 瑠美 (大阪センチュリー交響楽団第一ヴァイオリン次席奏者)
 ヴィオラ
   竹内 晴夫 (大阪センチュリー交響楽団首席客演ヴィオラ奏者)
 チェロ
   佐藤 禎 (京都市交響楽団チェロ奏者)

♪~演奏とトークもお楽しみください~♪

More
[PR]
by century_osaka | 2009-10-31 12:24 | 演奏会情報

アーバンイブニングコンサート「チェロカルテットの夕べ」

f0003980_2153940.jpg


More
[PR]
by century_osaka | 2009-10-27 21:05

第145回定期演奏会、無事終了しました(+α)

第145回定期演奏会は無事終了しました。
今回も、たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

リストの協奏曲を弾かれたアリス=紗良・オットさん。
才色兼備…とか、天は二物を…とか、言い古された言葉ですが、彼女の名前をキーワードにネット上を少し検索しても、たくさんヒットします。いま世界がもっとも注目しているピアニストのおひとり。リストの作品を、きっと深くご存知で、よく演奏されるのでしょう。単純な「名人芸」などに全くとどまらない、作品への深い愛情と敬意が感じられる…そんな、すばらしい演奏でした。アンコールの「ラ・カンパネッラ」も美しかったこと!

そしてブルックナー5番。以前に演奏した4番とは、ポピュラリティに大きな差があったこの曲ですが、CD録音しながら進めた4日間のリハーサルを通じて、楽譜に記された膨大な情報が、マエストロの棒の先で次第に整って見通せるようになったことは、我々にとって非常に嬉しい驚きでありました。ブルックナーの演奏には日本一厳しいと言われている(?)大阪の聴衆の皆様、いかがでしたでしょうか?

ブルックナーは今期もう一曲、2月の第148回定期で6番を演奏します。4番~6番の3曲が、3月にCDとして発売予定。ライブを聴かれた方もそうでない方も、「聴いたから」「聴かなかったから」だからこそ、是非お買い求め下さい…宣伝…(笑)。




ところで演奏会の翌日16日は小泉和裕音楽監督の60回目のお誕生日でした。一日ふつか先取りで、本番前日のリストのリハーサル終了直後、密かに準備していた楽譜で「Happy Birthday」をいきなり演奏しはじめました。
f0003980_13385940.jpg


プレゼントの箱からは…

f0003980_13394896.jpg

ちゃんちゃんこ、ではなく、真っ赤なキャップが!

f0003980_13401799.jpg

これをかぶって、矢のようなティーショットを、きっと打って下さることでしょう!
f0003980_13411383.jpg

その後お礼の言葉を下さいましたが、その口調も内容も、とても静かでしたので、逆に我々には非常に強いメッセージが伝わってきました。



15日の演奏会では、マエストロと我々との何かの「思い」が放射されていたかもしれません。
最後に、演奏会終了後楽屋にお邪魔して、1枚。
f0003980_13414482.jpg

この笑顔を見ることができて、我々もとても幸せでした。

K.N


[PR]
by century_osaka | 2009-10-16 10:10 | コンサートレポート

第145回定期演奏会 リハーサル

今回のリハーサルはCD録音を兼ねているため4日間あります。昨日は曲全体をざっと練習して、だいたいのイメージや方向性を確認し、今日第一楽章から順にレコーディングが行われました。

小泉さんとはすでに第4番の録音を済ませ、第3番も定期で取り上げていますから、ブルックナーのフィーリングも馴染んでいっているように思います。とはいえ、やはり色んな意味で巨大な第5番…なかなか大変ですね!


録音ですから常に完成度が求められます。とにかく音が揃わなければいけませんし勿論音が外れてもいけません。最も基本的な、音の出方を揃えるのも実は非常に難しいものなのです(;_;)
音程、音色、音量、ニュアンス… 揃える事に躍起になっていると肝心の音楽の面白味が欠けてこじんまりとなってしまう…といったジレンマと戦いつつ、常に集中力を維持しながらのレコーディングでした(>_<)

今日は体育の日。今月かなりハードな スケジュールの我々ですが、リハにも録音にも本番にも個人練習にも家族サービスにも耐え得る強い体力を持てるよう、身体の管理はしっかりしましょう!

健康な肉体が集中力や瞬発力や持続力などを発揮し、よりよいパフォーマンスに繋がるのだと信じて…。

H.T
[PR]
by century_osaka | 2009-10-13 22:13 | リハーサル日記

第145回定期演奏会ご案内


10月に入り、いよいよ「芸術の秋」深まる感がございます。
センチュリーの定期演奏会も2009年度後期シーズンへ入ります。

More
[PR]
by century_osaka | 2009-10-06 13:36 | 演奏会情報