日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第134回定期演奏会 終了!

本日もたくさんのご来場、ありがとうございました。

今回は、センチュリー合唱団、ころぽっくる合唱団との共演、カリユステ氏の指揮、プログラムの曲目のせいもあり、とても敬虔な気持ちで、この一期一会を感謝しつつ、演奏会を終えることができたように思います。


目下のセンチュリーが置かれている状況で、なかなか心穏やかになれるひとときがないなか、今日の演奏会は、リハーサルから演奏する私たちにとって心洗われるときであったように感じています。

聴衆のみなさまも、同じように感じていただけたらよいのですが・・・・。

また後期のシーズンも、より充実した演奏になるように、楽員一同心を新たにしています。
どうぞご期待ください。

M.S
[PR]
by century_osaka | 2008-09-27 00:28 | コンサートレポート

第134回定期演奏会リハーサル3日目

今回のプログラムはペルト、デュリュフレとも宗教曲なのですが、そういう型を通り越して
単純に「祈り」の存在を感じます。

More
[PR]
by century_osaka | 2008-09-25 23:33 | リハーサル日記

第134回定期演奏会リハーサル2日目

今日からは歌合わせのため15時半からのリハ。日中の通勤はまだまだ暑い!
マエストロ・カリユステさんは見上げるような立派な体格、風貌(!)にもかかわらず、
とても柔らかい心地のよい声で話し、唄われます。

More
[PR]
by century_osaka | 2008-09-24 23:49 | リハーサル日記

第134回定期演奏会リハーサル初日

指揮者のカリユステ氏が練習場に現れた時、ちょっとしたどよめきが起きました。[…でかい!] うちのステマネ(193cm)がフツーに見える長身で、シンプルなモノトーンの服装に長髪と髭の逞しくもワイルドなその姿は、カリスマロックスターか格闘家(プロレスラー?)かと錯覚してしまう程でしたので。(失礼!)

More
[PR]
by century_osaka | 2008-09-23 23:49 | リハーサル日記

第134回定期演奏会ご案内


大阪センチュリー定期久々の『隠れた作品プログラム』となりました。
アルヴォ・ペルトは、日本に於いては「鬼才ヴァイオリニスト」ギドン・クレーメルの録音などで1989年頃から次第に知られ始め、その作品は常に曲の最後に“独特の静けさ”を残すところが魅力とされています。
f0003980_2236979.jpg


More
[PR]
by century_osaka | 2008-09-21 20:10 | 演奏会情報

吹田よっといで祭


≪吹田よっといで祭≫


 吹田のお祭にセンチュリーの金管楽器とパーカッションが登場します!たくさ
んのイベントがあって、子どもから大人まで楽しめるお祭です!皆さんぜひ遊び
に来てください。公園の中で楽しい音楽と生き生きとした響きをどうぞお楽しみ
ください。

日時:9月14日(日)11:30~12:00

場所:南千里公園(阪急南千里駅の北側)の野外ステージ(徒歩約10分)

曲目:
「エンターテイナー」
「アイネクライネナハトポリス」
「千の風になって」
「となりのトトロメドレー」
「サウンド・オブ・ミュージック」


併せて、これまでの「応援ありがとうコンサート」の様子や、いただいた応援メ
ッセージをHPに公開させていただいてます。お寄せいただいた皆様にはこの場を
お借りして感謝を申し上げます。
[PR]
by century_osaka | 2008-09-12 21:38 | 楽員のコンサート情報