日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

カテゴリ:演奏会情報( 45 )

第148回 定期演奏会ご案内



平成22年2月12日 (金)開演19時 開場18時
ザ・シンフォニーホール

指揮:小泉和裕
Vn:堀米ゆず子  

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
ブルックナー 交響曲 第6番 イ長調  (ハース版)

料金(税込・全席指定)   
  A席…6000円
  B席…4500円  
  C席…3000円     
  D席…1000円   


    お問い合わせ:大阪センチュリー交響楽団チケットサービス
              06-6868-0591
       (午前10時~午後6時・土日祝を除く)  
[PR]
by century_osaka | 2010-02-07 20:00 | 演奏会情報

大阪センチュリー交響楽団創立20周年記念演奏会


今回は首席客演指揮者=沼尻 竜典氏の登場です。
            
彼は幅広いレパートリーを持ち、その持ち味を存分に我々から引き出し、お楽しみ頂いて来た事と思います。今回は大作「火刑台のジャンヌ・ダルク」に挑みます。

この曲は劇作家であり詩人そして外交官でもあったポール・クローデル(1865-1955)の台本に基づいてアルテュール・オネゲル(1868-1955)が作曲した作品です。

More
[PR]
by century_osaka | 2010-01-30 00:07 | 演奏会情報

京都特別演奏会



More
[PR]
by century_osaka | 2010-01-14 21:22 | 演奏会情報

第147回定期演奏会 ご案内

第147回定期演奏会 ご案内


2009年の締めくくり定期は、首席客演指揮者・沼尻氏の登場です。多彩なレパートリーを次々に披露する沼尻氏が、西村&フランクという、全く異なるプログラムで皆様にお楽しみ頂きたいと思います。

1曲目の西村氏の「蘇莫者」(そまくしゃ)は「日本古来の舞楽」が基にになっており、その独特な「舞い」と「サウンド」は期待される事でしょう。

More
[PR]
by century_osaka | 2009-12-09 23:55 | 演奏会情報

創立20周年記念特別演奏会 ご案内


1989年12月に楽団が創設されて以来、早くも20年が経ちました。
これも一重にセンチュリーをこよなく御支援・御声援下さいました皆様のお陰と、心から御礼申し上げます。


創立20周年記念特別演奏会第1弾はベートーヴェンの交響曲第9番です。
日本では「年末の音楽」として定着している傾向が強いのですが、欧米では各々のオーケストラや「ホールの完成記念」としてこの作品は演奏されている様です。

音楽監督・小泉氏がこの作品を、今回はより一層ドラマティックな作品として、素晴らしいソリスト・センチュリー合唱団と共に、高らかに歌い上げる事と思います。

今回も皆様多数の御来場をお待ち致しております。


A・A

More
[PR]
by century_osaka | 2009-11-14 23:39 | 演奏会情報

第146回定期演奏会ご案内


今回は久々の「ベートーヴェン・プログラム」となりました。
かのリヒャルト・ヴァーグナーが交響曲第7番を「これは舞踏の聖化だ。狂おしいまでの舞踏の権化だ」とまで評したのは言うまでもありません。このベートーヴェン中期の傑作を、今回初登場となるシュテファン・ザンデルリンクさんが、いかに優れた「舞踏の聖化」を彫琢するかに注目が集まると思います。

More
[PR]
by century_osaka | 2009-11-06 14:47 | 演奏会情報

持丸秀一郎 クラリネット室内楽演奏会

持丸秀一郎 クラリネット室内楽演奏会
~弦楽器と共に モーツァルト・魅惑のマチネ~

【日時】
 11月7日(土) 14:00開演(13:30開場)

【会場】
 アルカイックホール・ミニ

【曲目】
 モーツァルト
   クラリネット四重奏曲 K.496
 コーカイ
   クラリネットと弦楽トリオの為の小四重奏曲(1949)
 モーツァルト
   クラリネット五重奏曲 k.581

【共演】
 ヴァイオリン
   尾崎 平 (京都市交響楽団アシスタントコンサートマスター)
 ヴァイオリン
   蔵川 瑠美 (大阪センチュリー交響楽団第一ヴァイオリン次席奏者)
 ヴィオラ
   竹内 晴夫 (大阪センチュリー交響楽団首席客演ヴィオラ奏者)
 チェロ
   佐藤 禎 (京都市交響楽団チェロ奏者)

♪~演奏とトークもお楽しみください~♪

More
[PR]
by century_osaka | 2009-10-31 12:24 | 演奏会情報

第145回定期演奏会ご案内


10月に入り、いよいよ「芸術の秋」深まる感がございます。
センチュリーの定期演奏会も2009年度後期シーズンへ入ります。

More
[PR]
by century_osaka | 2009-10-06 13:36 | 演奏会情報

大阪センチュリー交響楽団第144回定期ご案内

                    
    
・・・あの著名なる、偉大なピアニスト・内田 光子氏が「絶賛の賛辞を惜しまない」という、若き俊英指揮者、ジョセフ・ウォルフ氏の定期初登場です。


先述のピアノ界の巨匠・内田氏によると、ウォルフ氏は多彩なレパートリーを持つ人のようですが、特にドイツ古典派音楽を「オハコ」にしているそうです。
そうなると、今回取り上げられる、ハイドン「ロンドン交響曲」やベートーヴェン「ピアノ協奏曲第4番」など選曲されたのは、当然の結果と言えましょう。

 「ハイドン最後の交響曲」で、ウォルフ氏が大阪センチュリー響とどのようなサウンド&アプローチを示してくれるか、興味は尽きません。

More
[PR]
by century_osaka | 2009-09-01 17:41 | 演奏会情報

大阪センチュリー交響楽団 第143回定期演奏会ご案内

f0003980_2211828.jpg
 


音楽監督・小泉 和裕氏の指揮で、今回も又格別な音楽がプログラムされました。

音楽ファンの皆様にも意外と生ではお聴き頂けないベートーヴェンの交響曲第4番が取り上げられます。かつて、かのシューマンが「2つの劇的な交響曲『英雄』と『運命』」にはさまれた、ひっそりと咲く乙女の様な花」と称したこの第4番ですが、決してただ穏やかな作品とは言えない、力強さと美しさ、そして闊達さを持ちあわせた、やはりベートヴェン「中期」を飾る名作と言えましょう。
              

More
[PR]
by century_osaka | 2009-07-09 18:50 | 演奏会情報