日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

カテゴリ:コンサートレポート( 37 )

第135回定期演奏会 終了!

今回もたくさんのご来場ありがとうございました。週の中日にもかかわらず、当日券に並ばれるお客様もおおかったと聞きました。重ねて御礼申し上げます。

リハーサルをふりかえると、マエストロの要求にどこまでこたえられるか、試練の日々でしたが本番を終えてみて、その成果は十分にご披露できたのではないかと思います。
リハーサル最終日には、竹澤さんの演奏にさらに啓発され、実りの多いリハーサルだったように思います。またその充実した時間を多くのお客様と共有できたことを、これからまた私たちの大きな糧にしてゆきたいと思います。

さて、定期演奏会をおえて一息つくまもなく、マエストロとの演奏会が週末3連日続きます。
こちらもあわせてお楽しみいただけたら幸いです。M.S

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ワンコイン・オーケストラコンサート in 貝塚&豊中



おなじみのオーケストラ名曲作品の数々に加えて楽器の紹介や解説など、初めてオーケストラをお楽しみいただく方々におすすめ。約1時間のお気軽ショート・プログラムです。休日のお昼のひとときをご家族づれでお越し下さい。
さあ、みなさん、ごいっしょにオーケストラ、初めのいッ~ぽッ・・・


11月1日(土)15時開演(開場14時30分)  
コスモスシアター(貝塚)

11月2日(日)15時開演(開場14時30分)  
豊中市立市民会館


(11月3日(月・祝)15時0開演(開場14時30分) 松原市文化会館 売り切れとなっております。ご了承くださいませ。)

■指 揮:小泉和裕(大阪センチュリー交響楽団音楽監督)
■司 会:大槻温子

* * * PROGRAM * * *

ロッシーニ:歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲
オーケストラの楽器紹介
  ●マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から「間奏曲」
●ハチャトゥリアン:バレエ「ガイーヌ」から
   「剣の舞」「バラの乙女の踊り」「レズギンカ」


主 催:財団法人大阪府文化振興財団    

入場料:500円(全席指定)※未就学児童の入場はご遠慮下さい

【チケット販売】
センチュリー・チケットサービス(06-6868-0591)
電子チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード 300-332)
ローソンチケット(0570-084-005 Lコード 55532)
コスモスシアター(072-423-2442 11月1日公演分のみ )
[PR]
by century_osaka | 2008-10-30 08:46 | コンサートレポート

第134回定期演奏会 終了!

本日もたくさんのご来場、ありがとうございました。

今回は、センチュリー合唱団、ころぽっくる合唱団との共演、カリユステ氏の指揮、プログラムの曲目のせいもあり、とても敬虔な気持ちで、この一期一会を感謝しつつ、演奏会を終えることができたように思います。


目下のセンチュリーが置かれている状況で、なかなか心穏やかになれるひとときがないなか、今日の演奏会は、リハーサルから演奏する私たちにとって心洗われるときであったように感じています。

聴衆のみなさまも、同じように感じていただけたらよいのですが・・・・。

また後期のシーズンも、より充実した演奏になるように、楽員一同心を新たにしています。
どうぞご期待ください。

M.S
[PR]
by century_osaka | 2008-09-27 00:28 | コンサートレポート

星空コンサートpart2

願いがかない、今日は晴天!午後7時半の開演にも関わらず、6時過ぎには長いお客様の列ができました。
f0003980_1059362.jpg


More
[PR]
by century_osaka | 2008-08-31 23:59 | コンサートレポート

星空コンサートpart1

お天気が不安定な中、リハ時にはポツポツしていた雨も止んで多くのお客様にお越しいただき本当にありがとうございました。1日目はユースオケの単独演奏、法村友井バレエ団によるバレエと多彩なプログラム。


   リハ後の一コマ。とってもかわいい後姿f0003980_23475551.jpgf0003980_23503093.jpg                 ユースオケのリハ風景

More
[PR]
by century_osaka | 2008-08-30 23:49 | コンサートレポート

第131回 定期演奏会 終了

平日にもかかわらず、たくさんのご来場ありがとうございました。

実物の「オンド・マルトノ」いかがでしたでしょうか?
原田さんの手元が、皆さんにもっとよく見えたら、もっと楽しんでいただけたかもしれないと、終わった後聴きにきてくださった方とお話ししながら、思ったりしました。
(別にスクリーンに大写しにしてみるとか)

今回、演奏会終了後にロビーで、お客様のお見送りをしたのですが、次回定期演奏会について早くも「ベンデレツキの曲ってどんなのですか」とご質問をうけました。
残念ながら、現在目下作曲中、と私どもは伺っております。
そう!次回定期演奏会のプログラム一曲目は、世界初演!です。お楽しみに!!

(としかお答えしようがなく・・・・)

More
[PR]
by century_osaka | 2008-05-21 11:09 | コンサートレポート

続・さわってみよう

昨日に引き続いて"Touch the Orch."関連のエントリー。

今日は今年度"Touch"の最終日、高石駅前の「高石アプラホール」への出張公演。元気な小学5・6年生のみんなに「さわって」もらいました。また写真を見てもらいますが、どうしても「楽器にさわってみよう」コーナーの写真ばかりになるのをお許し下さいね。何故ならそのコーナーは同じパートの仲間に猶予を貰って撮ってまわれるのですが、他のコーナーでは(勿論)弾いているので、「ながら撮り」はムリ(泣)。


f0003980_1833285.jpg
f0003980_1834947.jpg
f0003980_184155.jpg
f0003980_1841869.jpg

フルートを教えてくれているのは、今回の指揮者、関谷弘志さん(もとフルーティスト、それもセンチュリー創設時のメンバーだった!)。指揮の合間に別仕事まで、お疲れさまです。ありがとうございます。
f0003980_1845031.jpg



…と、いうような楽しい企画(楽しそうでしょ?もしもそう見えなかったら写真が下手なんだ…泣)、来年度は曲目も構成も少し変化が予定されています。お楽しみに!
[PR]
by century_osaka | 2008-02-07 18:09 | コンサートレポート

さわってみよう

前記事の「ユース・オケ」追加募集(締切3/21)も続行しておりますが、こちらもまた「年若き方」関連記事。

"Touch the Orchestra"

今年度は6月・11月・2月にそれぞれ3日間ずつ午前午後2回本番…かけ算したら何回かな…主に我々の練習場に子供さん達に来ていただいて、オーケストラに「さわって」もらっています(。別の会場にでかけて行う「出前Touch」も今年から始まりました)。

プログラムの概要を書いてみますと(曲はしばしば変更されますが、今回のヴァージョンでは…)
・まず一曲:ビゼーのカルメン前奏曲(闘牛士のヤツね)
・楽器紹介:それぞれの楽器→セクション毎(木管・金管打・吹奏楽・弦楽合奏)→そしてオケ…と、楽器編成とその役割などを説明しつつ。
・「さわってみよう」:部屋に分かれて、実際に楽器体験してもらいます。下の写真(たくさんあってごめんなさい)をご覧下さい。f0003980_2001185.jpg
f0003980_2005165.jpg
f0003980_201598.jpg
f0003980_2012060.jpg
f0003980_2013358.jpg
f0003980_202283.jpg
f0003980_2022594.jpg

・オーケストラの中に入って聴いてみたら…:J.シュトラウスのポルカ「雷鳴と稲妻」
f0003980_20407.jpg


・指揮者体験コーナー:ブラームスのハンガリー舞曲第5番…振ってもらうのは短縮版ですが。
・最後にもう一曲:ドリーブのバレエ「シルヴィア」より「狩りの女神」
(・アンコール:一緒に歌いましょう or ラデツキー行進曲)

…というような進行で、お楽しみいただいております。

写真が下手なので伝わらないような気がして悲しいのですが(泣)、子供の発散するエネルギーの凄さにいつも圧倒されます。実際にオトナに比べて体温も高いのかもしれませんが(笑)こっちも汗は出てくるし声はかれてくるし(汗)。
でも、とても楽しそうに「さわって」くれるので、つい我々もつられて笑いながら、子ども達と世間話(?)もしながら、楽しんで仕事しております。

いわゆる「普通の音楽教室」…ホールの舞台の上下に「演奏者」「お客さん」として分かれて「私弾くヒトね、あなた聞くヒトでしょ」…的なモノとは違って、どのコーナーでも子供の顔の表情や手の動きをスグソコに感じることができて、「音楽を仲介に、強くコミットしている」という実感が楽しい!

みなさんのお子さん・お孫さん…も、一度是非!
楽団公式サイトにも"Touch"の情報があります(画面左のメニュー「コンサート企画」をクリックして→右のフレームの『●オーケストラ教室「Touch The Orchestra』タッチ・ジ・オーケストラ」からご覧下さい。写真もあります)。

学校単位でのお申し込みで、現在来年度分を募集中。くわしくは楽団事務局(06-6868-3030)へどうぞ。
[PR]
by century_osaka | 2008-02-06 21:11 | コンサートレポート