日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

第137回定期演奏会リハーサル3日目

f0003980_2214224.jpg

リハ最終日は合わせの楽しみ。オピッツさんは西洋の絵本に出てくるような優しい穏やかなおじいちゃん(失礼!)の雰囲気。日本語で「シャシン、シャシンネ」と快く撮影に応じて下さいました。



リハはバリエイション、メタモルフォーゼン、コンチェルトの順で行われました。ブラームスは各々バリエイションの性格が際立つように、ヒンデミットはそれぞれの楽章の雰囲気がもっと伝わるように最終チェック。2楽章に当たるトゥーランドット後半などは、弾かないで聴いて待っている弦楽器陣に向かって小泉さんが「どう?楽しんでる?」と尋ねられるくらいの楽しい掛け合いがでてきます。 そしてオピッツさんの演奏は背筋のしゃんっとなる感じのでも温かみのある、でもって威厳のある皇帝(表現がイケテナイ・・・)で魅力的です。
明日は楽しくなりそなコンサートにどうぞいらして下さい!

C.Y
[PR]
by century_osaka | 2008-12-17 21:59 | リハーサル日記
<< 第137回定期演奏会 終了! 第137回定期演奏会リハーサル2日目 >>