日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

=鳥の歌(第159回定期演奏会を終えて)=

本日(3月18日)大阪センチュリー交響楽団第159回定期演奏会が無事終了しました。
今回もたくさんのお客様にご来場いただき、本当にありがとうございます。

東北・関東地方を襲ったあの大災害から一週間、被災地の皆様のことを考えると、私たちには言葉もありません。また我々の中にも被災地近くの出身であるメンバーがいたり、おそらく皆様も同じように、いつもそのことが心を離れずにこの一週間を過ごしてきました。(そのためリハーサル日記もお休みさせていただきました)

演奏会のはじめに、小泉音楽監督がお客様に義援金の募金をお願いされました。
そして、亡くなられた方々のご冥福を祈って、会場の全員で黙祷をささげました。
f0003980_18485920.jpg



いよいよコンサートの開始、堤剛さんを独奏にお迎えして、ドヴォルザークの協奏曲です。
目を閉じて空を睨むように上を向かれたり、小泉さんと視線を交わされたり、オーケストラに音はもちろん背中でもメッセージを伝えて下さったり、とても熱い・そして深いドヴォルザークでした! 

その後アンコールに、おひとりでスペイン・カタルーニャ民謡の「鳥の歌」を演奏されました。一音一音それぞれがすでにして音楽…とも感じられ、最後の音が糸を引いたように空中に消えて・・。
皆様それぞれが大事な何かについて、または誰かのこと…を思い浮かべられたのではないでしょうか。ステージ上の私たちも息をのんで聴かせていただきました。

だから(というか、もちろん、というべきでしょうか…)後半のバルトークにも、いっそうの思いをこめて演奏しました。

新年度4月からは、楽団の名称も変更される予定です。それにあわせてこのブログもリニューアル予定です。皆様、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

K.N


[PR]
by century_osaka | 2011-03-18 23:54 | コンサートレポート
<< 第59回大津曳山コンサート 第159回定期演奏会 ご案内 >>