日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

第158回定期演奏会終了!

立春を数日過ぎて、また寒波が来ようとしていた一昨日、第158回定期演奏会が無事終了しました。たくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

今回の3つの目玉…

 ・2年前に続いて2回目のマエストロ、アラン・ブリバエフさん
 ・ピアノ独奏者にお迎えしたのは、アブデル・ラーマン・エル=バシャさん
 ・プログラムの全てがフランスの作品
 
この3つがとても有機的に組み合わさって、結果として色彩豊かなステージに仕上がったのではないかな?と感じたのですが、果たして皆様はいかがお聴き下さったでしょうか?
 
 本番直前のリハーサル日記にもありますが、リハーサルでのブリバエフさんは全てのプログラムの全ての箇所に、描きたいイメージを明確にお持ちだったように感じました。そのイメージを、的確で・ときどき(というよりもほとんどいつも)ユーモラスで・比喩に満ちた言葉やしぐさと指揮で私たちに伝えて下さいました。
 演奏会本番も、ホールに響いている音の行方をキチンと追いながら、スコアに即してオーケストラ全体に視線を配って指揮しておられました。自身の音楽の主体性と、オーケストラをコントロールするための客観性を併せ持った、才能あふれる若きマエストロとの仕事で、私たちにとってたいへん充実した4日間でした。

 ピアノのエル=バシャさんのサン・サーンスは、聞こえるフレーズごとにふさわしく磨き抜かれた音があふれてくるようで、作品の魅力を、もしかしたら100%以上表現しておられたかもしれません。多彩なタッチ・豊かなイマジネーション・作品に対する極めて深い洞察……リハーサルも含めて、ご一緒できて本当に幸せな私たちでありました。

 「牧神」ではじまり、エル=バシャさんとの協奏曲をはさんで「海」、2曲のドビュッシーで求められるひとつひとつの音の性格づけとクォリティ、ブリバエフさんのメガネの上からのキビシイ視線と、1フレーズ音を出すたびごとのフレンドリーな笑みがとても印象的でした。

 ラヴェルの「ラ・ヴァルス」の色彩感! リハーサルの間に断片的に求められた、メロディーの方向性への注文、さまざまな楽器間のバランスの取り方への注文が、本番の舞台上でしっかり重なりあっていたでしょうか?


 そして来月の159回は、小泉音楽監督の指揮で2曲。バルトークの「管弦楽のための協奏曲」と、堤剛さんとの共演でドヴォルザークのチェロ協奏曲です。お楽しみに!

K.N


[PR]
by century_osaka | 2011-02-12 20:57 | コンサートレポート
<< また、びわ湖ホールで(交響曲へ... 第158回定期 リハーサル日記 >>