日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

第155回 定期演奏会終了!&木川博史氏ご紹介

 先日の第155回定期演奏会には、たくさんのお客さまにおいでいただき、ありがとうございました。

実は今回、前半のモーツァルト、降り番だったので客席で聴いていたのですが、身内の演奏というのは、お客様にどのように聴いていただいているのか?というほうが気になって、あまりゆったりと聴けませんでしたが、曲の最後のほうには引き込まれて、終わったらやはり純粋に聴衆の気持ちになって拍手を送りました。

ルトスワフスキのほうは、本番までいろいろ試行錯誤がありましたが、聴いてくださった方に、この作品の素晴らしさが伝えることができたのではないかと思います・・。M.S


さて、このリハーサル中に新しいメンバーの1人にインタビューしました。
1番ホルンのホープ・木川博史くんをご紹介いたします。(インタビュアー:C.Y)
f0003980_2239256.jpg



Q. 出身は、関西ですか?

A.いいえ、根っからの関東人で、出身は千葉県習志野市です。


Q. ホルンを始めたのは、いつからですか?

A. そのころ通っていた小学校のオーケストラ部がホルンとの出会いでした。ですので、はじめたのは9歳(小4)です。2歳年上の兄も演奏するこのオケ部の演奏を聴きに行った時の曲目がベートーベンの運命でした。


Q. オーケストラの中で「ホルン」を選んだのはどうして?

A. 兄はトランペットだったのですが、それより目立つ第1楽章の第2主題のホルンパートを聴いて、「これしかないっ!!!!」と決めました。当時からいい体格で、恩師佐治先生の勧めもあってすんなりと決まりました。


Q.小学校からオーケストラってすごいですね。

A. そうなんですけど、入部したものの楽譜は読めかったですね。楽器のことはなおさらでした。兄から色々教わって、それから自分で研究、とにかく運命交響曲の「出会いのメロディー」を吹きたい一心でした。

f0003980_22503729.jpg

Q. 管楽器の人って、吹奏楽部出身が多いですよね?

A. なので、実はブラスの経験がないんです。


Q. 珍しいですよね!!木川君は体格いいけど、今は何かトレーニングしてるでしょ?

A. 特に何もしてません。小さい頃から野球はしていましたが。


Q. そうなんだ。いつも笑顔が爽やかだものね。それでは最後にお客さんへ一言。

A. いつも楽しく演奏しようと心がけているので、聴いてくださるお客さんへ、その楽しさが伝わったらいいなと思ってます。

f0003980_2026293.jpg

[PR]
by century_osaka | 2010-10-20 12:40 | インタビュー
<< 持丸秀一郎 クラリネットリサイタル 第154回 定期演奏会 リハーサル >>