日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

突然のお別れに・・・・

f0003980_031911.jpg


奥田さん

少し昔のことを、思い出していいですか。

このオーケストラの入団オーディションの合格通知が来たか来ないか、そんな頃でした。
生徒だった私に、「おめでとう、一緒に弾けるから楽しみやわ」と電話を下さったのは。

それを境に「師弟」から「同僚」へ、「先生」と呼ばない呼ばれない、そんな関係へゆるやかに変移しながら、21年間。
来る日も来る日も、リハーサルも本番も、ほとんど常に、同じ譜面台の上の同じ譜面を一緒に弾き続けてきた私にとって、あなたの存在は、

時に山のように、時に雲のように、時に雪のように、時に嵐のように。
時に太い樹のように、時にその木陰のように。
時に親ライオンのように、時に巨象のように、時に同じ獲物を狙う狩りの競争相手のように。
時に壁のように、時に岩のように、時に遠い砂丘のように。
時に「たんこぶ」のように、時に「気前の良い叔父さん」のように。
時に仙人のように、時にガキ大将のように。

見まごうことのないハッキリとした輪郭で、いつもそこにいてくれました。

そんなあなたが、数日前の夜にかかってきた一本の電話をきっかけに、翌日からのリハーサルに来ていませんでした。

チャイコフスキー 交響曲第6番 「悲愴」。

冒頭の5度の緊張。
あまい旋律、心地よいDの開放弦。
長く続くフォルテ・フォルテ・フォルテのF♯のトレモロ・摩擦。肩の痛み。

ワルツを踊れるような5拍子、ピツィカート。
ティンパニと一緒にD音のオスティナート。

1小節12個の音が弓に跳ねる、スケルツォ。
ひとつひとつ全弓ではじき出すような、マーチ。輝く。興奮。

終結部、トロンボーンのコラールを待って、コントラバスが唸る重い重い動機、その繰り返し。
そして最後の最後、デクレッシェンドの中で、あがくように、また何かと決別するように、ピツィカート。

曲を辿りながら、どの部分を思い出しても
「奥田さんだったら、きっとこんなふうに」と
あなたの弾く姿を、我々はくっきりと目に浮かべることができるのに。


こんなに突然にいなくなってしまうなんて。


でも奥田さん、リハーサルでは会えなかったけれど、
今夜の定期は、もちろんあなたの演奏会でもあります。
我々は、歯を噛み、空を掴み、涙をこらえて、あなたを悼みます。


どうか安らかに。安らかに。


2010年9月16日
コントラバス 内藤謙一





本来ならばリハーサル日記をULするところでしたが、誰もがリハーサルをこなすのがやっとの思いで本番の日を迎えています。

私達の中で一番奥田さんに近いところにいた内藤さんに、今回は追悼文としてお願いしました。

M.S
[PR]
by century_osaka | 2010-09-16 00:32 | 楽屋裏
<< 第57回 大津曳山コンサート ナショナル・エディションによる... >>