日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

第19回関西アーバンイブニングコンサート



今回の関西アーバンイブニングコンサートは往事のオリジナル編成での室内楽コンサートです。

弦の室内楽にはまず入っているチェロがなくて、モーツァルトが活躍した当時のザルツブルグでは一般的だったヴァイオリン二本、ヴィオラ、コントラバスという弦楽カルテットにホルン二本という少し変わった編成のディヴェルティメントから2曲。
下手な作曲家や演奏家を揶揄してわざとおかしな音がするように書かれた「音楽の冗談」by モーツァルト。

時代は下って19世紀初頭。「会議は踊る、されど進まず」で有名なウィーン会議。
当時ワルツの父・王と呼ばれたJ.シュトラウス1世・2世、J.ランナー達が全盛を誇り、町中そこここで鳴り響いていた彼らのウィンナーワルツ、会議を機に世界中に広まりました。
小さなダンスホールでは少人数でワルツが奏でられていましたが今回はその最小編成、ヴァイオリン2本・ヴィオラ・コントラバスという形でJ.シュトラウス1世、J.ランナーのワルツをお聞き頂きます。

[音楽の冗談]
【日時】
平成 22年 3月 5日(金) 18:30開演(18:00開場)

【場所】
関西アーバン銀行 心斎橋本店 1階ロビー
(最寄駅:地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅8号出口・ホテル日航大阪北隣)

【入場料】
無料 (先着 50名様) 

【出演者】
f0003980_21393358.jpg

左から・・・木川博史(Hr)森陽子(Hr)尾崎加苗(Vl)池原衣美(Vl)
      森亜紀子(Vla)奥田一夫(Kb)


【曲目】
W.モーツァルト:ディヴェルティメントKV.287 変ロ長調より
J.ランナー:ステイリッシュダンス 
J.シュトラウス1世:Hofballワルツ
W.モーツァルト:「音楽の冗談」ディヴェルティメントKV.522 ヘ長調

問い合わせ:関西アーバン銀行(0120-372-140)
[PR]
by century_osaka | 2010-02-21 21:47 | 演奏会情報
<< 第149回定期演奏会 ご案内 第18回関西アーバンイブニング... >>