日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

第146回定期演奏会 リハーサル

リハーサル1日目。
まずマエストロ・ザンデルリンクさんが現れる。
からだがでかい!という第一印象。
うちのステマネ・ジャックくんの大きさを毎日見慣れてはいるけど、
なんだか指揮台にのぼったマエストロ、本当に大きく山のよう。

今日のリハーサルは交響曲。
先ず全楽章の通しをされて、そのあと1楽章、2楽章、3楽章をみっちりと。
私は英語がすみずみまでわからないもので、
マエストロの英語はちょっと早口で、
必要な演奏上の注意以外(そのお話も演奏上のイマジネーションをかき立てるのでしょうが…)
をたくさん話されると、
私はとたんに、「英語をちゃんと聞かなければいけない脳みそ」の
お店のシャッターが降りてしまう。
あああ、こういうとき語学が出来ないってほんと嫌だわ・・・
と妄想の世界に入ってしまう。爆



ベートーベンの7番はたーん・た・たん、という
付点8分音符と16分音符と8分音符の組み合わせが本当にたくさん出てくる。
だけど、今まで何回と無く弾いたこの7番で、ほんとに

たーん・た・たん

と演奏会で全部弾けたことは無かったと思う。

そもそも、速く弾かなければいけないので、

たっ・た・たん
とか
たっ・た・たっ

みたくなっちゃうのだ。
第九の2楽章の頭みたいに。


それが、このマエストロは、そういう難点を
解決する方法をうまく表現してた。
あ、これ、いただき。
それまでちゃんと脳みその引き出しにしまっておかなくちゃね。



あと2楽章。
ベートーベンのフィデリオのシーンになぞらえて、音のイメージをさせていたの、
あれもよかったなぁ。いつもとちょっとテイストが違う2楽章になりそう。




と、定期のリハーサルが終わってからは、
金曜日、定期の翌日の演奏会、「関西アーバンロビーコンサート」のリハーサルでした。

f0003980_2337424.jpg


昨年より、いろいろなところで演奏させていただいております、
弦楽トリオ“とりころ~る”(杉江・永松・末永)での、シューベルトの三重奏、
それから、豪華なゲストをお迎えしまして、ブラームスの六重奏を演奏させていただきます。

関西アーバン銀行本店での無料コンサートです。
仕事帰りやショッピングのついでにぜひお気軽にお立ち寄りください。


今日はたくさん練習しました。
おやすみなさい。

すぎえ ようこ



第15回アーバンイブニングコンサート
09.11.13(金)18:30-19:30 

ヴァイオリン/杉江洋子,宮崎万里 
ヴィオラ/竹内晴夫,永松祐子 
チェロ/林 俊昭,末永真理 
曲目:シューベルト/弦楽トリオ D.471
   ブラームス/弦楽六重奏曲 第1番 op.18 


いづれも入場料:無料 (定員 50名) 
関西アーバン銀行 心斎橋本店1階ロビー
問い合わせ:関西アーバン銀行(0120-372-140)
[PR]
by century_osaka | 2009-11-09 23:11 | リハーサル日記
<< 第146回定期を終えて 第146回定期演奏会ご案内 >>