日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

大阪センチュリー交響楽団 第143回定期演奏会ご案内

f0003980_2211828.jpg
 


音楽監督・小泉 和裕氏の指揮で、今回も又格別な音楽がプログラムされました。

音楽ファンの皆様にも意外と生ではお聴き頂けないベートーヴェンの交響曲第4番が取り上げられます。かつて、かのシューマンが「2つの劇的な交響曲『英雄』と『運命』」にはさまれた、ひっそりと咲く乙女の様な花」と称したこの第4番ですが、決してただ穏やかな作品とは言えない、力強さと美しさ、そして闊達さを持ちあわせた、やはりベートヴェン「中期」を飾る名作と言えましょう。
              



そして後半は当団初の定期での挑戦となるベルリオーズ「イタリアのハロルド」です。
彼は明らかにベートヴェンからの様々な影響を受けて、あの「幻想交響曲」を完成させましたが、そこから更なる自分の境地を拡げる為にパガニーニに触発されながら完成したのが、この「イタリアのハロルド」のようです。
              
             
「狂気に近いほどのベルリオーズの情熱」をマエストロ=小泉氏が、ベルリン・フィル首席ヴィオラ奏者・清水 直子氏と共に、どの様な「ベルリオーズ像」を皆様にお届けするかに期待が集まります。
 

今回も皆様方の多数の御来場を心よりお待ち申し上げます。

                                        A・A




大阪センチュリー交響楽団 第143回定期演奏会

2009年7月17日(金) 午後7時開演(午後6時開場)  
ザ・シンフォニーホール


~プログラム~
 
ベートーヴェン:交響曲第4番 ロ長調 作品60
ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」 作品16


指揮:小泉 和裕
ヴィオラ:清水 直子


    
料金(税込・全席指定)   
  A席…6000円
  B席…4500円  
  C席…3000円     
  D席…1000円   


    お問い合わせ:大阪センチュリー交響楽団チケットサービス
              06-6868-0591
       (午前10時~午後6時・土日祝を除く)
[PR]
by century_osaka | 2009-07-09 18:50 | 演奏会情報
<< 第143回 定期演奏会 リハーサル アンサンブルの楽しみ vol.2 >>