日本センチュリー交響楽団 楽員ブログ

第142回 定期演奏会 終了!!

初日の練習の終了後だったか、沼尻さんは

「やっぱりショスタコーヴィッチはライブじゃないとね!」

と言ってましたが、皆様お楽しみいただけましたでしょうか?


今回の演奏会では木管楽器のひな壇を少し高く組みました。
小泉さん指揮の際には何度か採用していますが、これからも時々この方法を使う予定です。

どうしても舞台には癖があって、それにどう対処するかいつも悩むところです。
次の定期、イタリアのハロルドでは、昨年のシベリウスの5番の時に使ったひな壇を使う予定です。
全体に高めの壇ですが、終楽章などではかなりの効果を発揮するものと思います。


鐘は本当は↓カリヨン型の楽器↓を手に入れたかったのですが、
f0003980_1828578.jpg
ちょっと難しく、チャイムを3台に増強しての演奏でした。下手側の楽器はセンチュリー所有の2台の楽器を必要な音だけをセットして演奏していました。
上手側の楽器は打楽器奏者廣川さんの個人持ち(!)の楽器です。
それらのチャイムを金属のダンベルでたたいていました(普段は木槌でたたきます)。

ステージ後ろの席のお客さまには大変申し訳なかったのですが、チャイムの近くでは
もの凄い金属音が響くので、代わりの席を用意させていただきました。


今回の演奏会はNHK-FMの収録が入っておりました。
放送予定は下記のとおりです。
ライブの感動をもう一度!!と言う方も、残念ながらご来場になれなかった方も、是非お聴きのがしなく!!

平成21年7月19日(日) 19時20分~
FMシンフォニーコンサート

「大阪センチュリー交響楽団 定期演奏会」



ステマネ・ジャック
[PR]
by century_osaka | 2009-06-20 18:31 | コンサートレポート
<< アンサンブルの楽しみ vol.2 ショスタコービッチによせて >>